8月8日号のi-cityニュース

○伊賀市定例記者会見
○LGBT施策について 石川豊島区議と市長が意見交換
○伊賀日本語の会25周年記念 交流&発表会2018
○劇団上野市民劇場 朗読会「八月の空に」
○三田夏まつり
●お知らせ
・《特集》「伊賀の農を、つなぐ。」放送について
・けーぶるにっぽん Beauty of Japan放送について

【伊賀日本語の会 25周年記念 交流&発表会2018】

発足25周年を記念して5日、伊賀日本語の会の交流と発表会が行われました。

Still0808_00000

伊賀日本語の会は、多国籍、多文化な伊賀市で、
日本語を学びたいと思う外国にルーツを持つ人たちのために、
日本語教育活動を行っているボランティア団体です。

現在は、20歳代から80歳代の32人のメンバーが所属しています。

会場では、日頃の学習の成果として伊賀日本語の会のメンバーに
日本語を教わっている学習者が自分の国の紹介や日本で暮らして思うことを
日本語で発表しました。

そのあと25周年のあゆみがスライドと共に紹介されたほか交流会が行われました。

Still0808_00001

1993年8月「在住外国人に日本語教育を」という呼びかけに
有志25人が集まり「伊賀日本語の会」が発足。

その年の10月にはおよそ100人の生徒が集まり日本語の勉強が始まりました。

勉強はもちろんですが、バーベキューや遠足などをして交流を図っており、
現在授業は水曜日と土曜日に行われています。

Still0808_00004

この日は多くの人が訪れ伊賀日本語の会の25周年を祝いました。

コメントは受け付けていません。