工事内容

事例1 テレビ単独配線工事

工事例図01

光受信装置(V-ONU)からケーブルテレビを視聴する部屋まで、同軸ケーブルを露出配線にて敷設しケーブルテレビチューナーを設置します。宅内配線の長さが20mを越えると、追加料金がかかります。配線を敷設しない他のテレビは従来通りアンテナ受信でご覧いただきます。アンテナを残したいお客様用の工事になります。

事例2 テレビ共聴配線工事

工事例図02

既存のテレビ配線にケーブル線を接続する工事方法です。既存の配線を利用するのでお家の景観を損ないません。ケーブルテレビチューナー設置箇所ではケーブルテレビの専門チャンネルがご覧いただけます。アンテナ設置をしなくても各テレビ端子から地上波放送が視聴可能です。ご家庭により分配器やテレビの差込口等の部品交換が必要な場合があります。テレビ映りが悪い方やご新築される方の導入におすすめの工事方法です。

事例3 インターネット標準工事

工事例図03

通信用の専用回線を確保するため、テレビ配線とは別に単独配線工事を行います。光受信装置(V-ONU)からパソコンを利用する部屋まで、光ファイバーケーブルを露出配線にて敷設し、光通信用機器(D-ONU)を設置します。光受信装置(V-ONU)からの配線の長さが20mを越えると、追加料金がかかります。室内への入線時に、壁にケーブルを入線するための穴(約1cm)を開けることがございますのでご了承ください。(穴開け不可の場合はエアコンダクト等を使用することもあります)

事例4 ケーブルプラス電話標準工事(ケーブルインターネット未加入の場合)

工事例図04

電話用の専用回線を確保するため、テレビ配線とは別に単独配線工事を行います。光受信装置(V-ONU)から電話を利用する部屋まで、光ファイバーケーブルを露出配線にて敷設し、光通信用機器(D-ONU)を設置します。そこからLANケーブルを配線し末端に光電話用機器(HGW)を設置します。光受信装置(V-ONU)からの配線の長さが20mを越えると、追加料金がかかります。室内への入線時に、壁にケーブルを入線するための穴(約1cm)を開けることがございますのでご了承ください。(穴開け不可の場合はエアコンダクト等を使用することもあります)

事例5 ケーブルプラス電話標準工事(ケーブルインターネット加入済みの場合)

工事例図05

光通信用機器(D-ONU)からLANケーブルにて光電話用機器(HGW)を接続し、光電話用機器(HGW)から電話機まで電話線を露出配線にて敷設します。光電話用機器(HGW)から電話線の長さが20mを越えると追加料金がかかります。ケーブルを入線するための穴(約1cm)を開けることがございますのでご了承ください。(穴開け不可の場合はエアコンダクト等を使用することもあります)

事例6 サービス移行工事

同軸サービスからICT光へ移行する場合

現在の同軸ケーブルの引き込み線とは別に光ファイバーケーブルを配線します。外壁に光受信装置(V-ONU)を設置して屋内のモデムの設置箇所まで光ファイバーケーブルを単独露出配線にて敷設し光通信用機器(D-ONU)を設置し交換します。ケーブルを入線するため穴(約1cm)を開けることがございますのでご了承ください。従来の電話用機器(EMTA)は光通信用機器(D-ONU)の隣に光電話用機器(HGW)に設置し交換します。光電話用機器(HGW)からは電話線を配線し電話機を接続します。テレビは光受信装置(V-ONU)から既存同軸ケーブルへ接続いたします。※BSパススルー工事はサービス移行工事には含まれません。追加工事となります。

現在の同軸ケーブルの引き込み線とは別に光ファイバーケーブルを設置します。

工事例図06

コメントは受け付けていません。