ICT光メール送信設定について

OP25B実施のお知らせ

近年、パソコンのウイルス感染等によりお客様が知らずしらずの内に大量に迷惑メールを送信してしまうケースが増えております。
この状況を受け、当社では迷惑メール対策強化の一環として「OP25B(OutboundPort25Blocking)」という迷惑メール対策をFTTH光サービスにて実施致します。

OP25B(OutboundPort25Blocking)とは?

「OP25B(OutboundPort25Blocking)」とは、インターネット接続で利用しているプロバイダ(今回の場合はICT)のメールサーバーを経由せず直接送信されるメールを阻止する仕組みです。迷惑メールの多くはプロバイダのメールサーバーを経由せず直接送信されるため、迷惑メール送信を減少させる効果があります。これにより、万が一お客様のパソコンがウイルスに感染した場合でも加害者になる可能性を抑えることができます。

OP25Bイメージ

お客様への影響

OP25B実施することにより、正常なメールでもメール送信が行えなくなるケースがございます。対策実施後、影響を受けないケースと影響を受ける可能性があるケースをご紹介します。

影響を受けないケース

下記のようなメールアドレス、環境をご利用頂いているお客様。

  • ICT提供メールアドレスのみをご利用のお客様(@マーク以降が下記のお客様)
    ・ict.ne.jp
    ・ict.jp
    ・当社固定IPアドレス(オプションサービス)をご利用のお客様
  • Gmail、Yahooメール、Outlook.com(旧Hotmail)等のWebメールをブラウザ(InternetExplorer等)でご利用の場合

影響を受ける可能性があるケース

当社が提供しているインターネットサービス環境下で当社メールサーバーとは異なるメールサーバーでメール送信を行っているお客様。

(例)

  • 会社や学校のメールアドレスを利用している場合。
  • 他社プロバイダのメールアドレスを利用している場合。
  • 他社ホスティングサービスのメールアドレスを利用している場合。

対応方法

ご利用のメールアドレスが「影響を受ける可能性があるケース」に該当する場合は、ご利用のメールアドレスを管理されておりますプロバイダ様へOP25B対応用の設定があるかどうかをご確認ください。
下記に、いくつかOP25B対応(サブミッションポートに対応)している各社のメール設定方法を記載させて頂きます。

参考:各社メール設定方法

何かご不明点等ございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせください。

I.C.Tインターネットサービス TEL:0120-959-171(サポート専用)

コメントは受け付けていません。