4月15日号のi-cityニュース

〇伊賀市議会臨時会
〇伊賀市消防団辞令交付式・初任者訓練
★Go!Fight!Win!なでしこリーグカップ1部第2節 vs浦和

【伊賀市消防団辞令交付式・初任者訓練】

14日、伊賀市消防団の辞令交付式と新入団員を対象とした訓練が行われました。

今年度は、分団長3人、副分団長9人、部長15人、班長98人、新入団員89人の
合わせて214人に辞令が交付されました。

辞令交付式の後初任者訓練が行われ、
初めに消防団幹部が新入団員を指導しました。

初任者訓練は新しく入団した消防団員に対し
団員としての心構えや責務を認識させるとともに
礼儀や技能など消防団としての能力を養うことを目的に毎年行われています。

その後、三重大学大学院 工学研究科の川口 淳 准教授が登壇し
「巨大災害にそなえる」と題して講演しました。

川口 准教授は南海トラフ地震が発生した時に予想される被害などについて話し、
普段からのリスクマネジメントが必要であると説明しました。

その後、5つの小隊に分かれて服装のチェックや基本姿勢の指導がされた他
隊列を組むための訓練などを行いました。

訓練には市内にある11の分団から
新入団員とまだ初任者訓練を受けていない団員が参加しました。

なお、今年度の伊賀市消防団は支援団員を含め1,425人になりました。

この日新入団員は消防団員としての在り方などを真剣に学んでいました。

コメントは受け付けていません。