5月30日号のi-cityニュース

〇サツマイモの苗植えで世代間交流
〇主要地方道上野名張線バイパス道路全線早期の完成求める
〇round trip-世界を往復する-
《ADS便》名張青峰高校 SDGsを学ぶ
●お知らせ
・子育て包括支援センター土日の開所日拡大
・初夏の風物詩ホテル~市内のホタル祭情報~

【サツマイモの苗植えで世代間交流】

伊賀市上友生で5月29日、サツマイモの苗植えが行われ
地域の人と友生保育園の子どもたちが交流しました。

この日は、友生保育園に通う4歳児と5歳児19人が園を出発し
地域の人たちに付き添われながら友生地区市民センターの近くにある畑に訪れました。

この交流会は、
友生地区住民自治協議会福祉部会がおよそ10年前から行っているもので、
園児と地域の人とのふれあいを通して
地域で子どもを育てていく環境づくりをしていこうと行われています。

園児は、地域の人たちに手伝ってもらいながらナルトキントキの苗を250本ほど植えました。

なお、植えられたサツマイモは10月に収穫します。

また、この日はひまわりの種も植えました。
この日、園児と地域の人は楽しみながら交流を深めている様子でした。

コメントは受け付けていません。