7月11日号のi-cityニュース

○夏の交通安全県民運動出動式
○伊賀流忍者博物館 曼荼羅図完成
○上野南部地区 体力測定と健康講話
○ICT大空便り ~ラベンダー~
《特集》夏を体感できるイベントを紹介!
《ADS便》いちはやく夏祭りを満喫 上八町で七夕祭
●お知らせ 夏休み特別企画「鳥羽水族館 もっと!水の惑星紀行」放送について

【伊賀流忍者博物館 曼荼羅図完成】

伊賀流忍者博物館内の忍者伝承館に
新しく「摩利支天曼荼羅図」と「仁王経曼荼羅図」が展示されています。

制作したのは伊賀市在住の本仏師仏師僧 服部さんです。

「仁王経曼荼羅図」は滋賀県の石山寺にある
「曼荼羅図像」をもとに服部さんが神や菩薩の姿を描きました。

そして忍者や武士が信仰していた摩利支天が描かれた「摩利支天曼荼羅図」は
服部さんが伊賀の歴史を調べて制作したオリジナルの曼荼羅図です。

摩利支天の周りには役行者をはじめ
忍者や伊賀に縁のある神や菩薩が描かれています。

(一社)伊賀上野観光協会では
この曼荼羅図を観光振興に活かしていく考えだということです。

コメントは受け付けていません。