5月21日号のi-cityニュース

○夏休み20日間短縮
○上野商工会議所 市長と議長に要望書提出
○社会福祉協議会にマスク1000枚
《ADS便》桔梗が丘ヴェルージュ 名張市善意銀行へ寄付
《特集》おうちヨガ時間~こども向け~
●お知らせ いがっ子 元気ッコ!放送延期について

【社会福祉協議会にマスク1000枚】

伊賀市国際交流協会を通じ三重県在住の華僑や華人の団体から
社会福祉法人 伊賀市社会福祉協議会にマスク1000枚が寄付されました。

マスクは伊賀市国際交流協会いがまち地区委員会に声がかかり送られました。

伊賀市国際交流協会いがまち地区委員会は
伊賀町のころから日中関係が悪化する2012年まで
中国河南省開封市と友好関係を結び訪問団を送り合うなどしていました。

しばらく交流が途絶えていましたが、
再び両市のつながりを深めようと去年10月、8年ぶりに開封市を訪れました。

その際使った旅行会社の代表が
三重県内の華僑や華人に声をかけ、マスクを用意したそうです。

送られたマスクは介護職員以外で自宅訪問を行う
福祉コーディネーターなどに配るということです。

 

コメントは受け付けていません。