6月30日号のi-cityニュース

〇上野天神宮 夏越大祓式
〇日置神社 茅の輪設置
〇伊賀上野シティマラソン通常開催の中止決まる
《特集》風呂敷活用術
《野菜を食べよう》インゲン

【上野天神宮 夏越大祓式】

伊賀市上野東町の上野天神宮で6月30日夏越大祓式が行われました。

上野天神宮に設置されている茅の輪は
菅原神社氏子青年会のメンバーが6月21日に作り、設置したものです。

茅の輪くぐりでは「水無月の夏越の祓えする人は、千年の命延ぶというなり」と唱え
八の字を描くように3回くぐり抜けます。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、
神社役員15人ほどで祭典が執り行われ、
それぞれ厄除けや家内安全などを願って茅の輪をくぐりました。

茅の輪をくぐった後、拝殿で厄を祓うための自己祓えなどが行われました。

【日置神社 茅の輪設置】

西柘植の日置神社では総代会7人によって境内に茅の輪が設置されました。

前日から茅の輪の材料となる葦を刈り取りこの日は朝から茅の輪を作りました。

日置神社では4年前から茅の輪づくりを行っており
例年は1週間ほどで撤去しますが
今年は感染症の終息を願い10日間ほど設置されます。

この日は午後4時から夏越の大祓式が執り行われ
半年の穢れを落とし残りの半年の無事を願ったということです。

なお、こちらの茅の輪は7月10日まで境内に設置され
自由にくぐることができます。

 

コメントは受け付けていません。