7月29日号のi-cityニュース

○新型コロナ感染拡大 対策徹底を呼びかけ
○手づくりマスク小学生に配布
○ドローンで農薬散布
○ぶんと9月からホール事業再開
《ADS便》つつじが丘ふれあい市
《あの頃の伊賀市》市民なつまつり2020

【手づくりマスク小学生に配布】

新型コロナウィルス感染予防のための布製マスクが
7月29日、市内の小学生に配られました。

この布製のマスクは伊賀市新型コロナウイルス感染症対策支援の一環で
市内の障がい者福祉施設「ふっくりあ」等で利用者が縫製、袋詰めなどをしたものです。

この日伊賀市立上野東小学校を訪れた
「ふっくりあ」の施設長奥西利江さんら3人が、児童の代表にマスクを手渡しました。

これらのマスクは障がい者施設「ふっくりあ」と「ぱとな」の利用者が作ったもので
伊賀市内の3歳以上の子どもたちに2枚ずつ配られます。

 

コメントは受け付けていません。