2月21日号のi-cityニュース

〇IGA NINJA WEEK2021
〇観光まちづくり企画塾新コンテンツ続々
〇伊賀学検定
〇中根寿雄 漆展
〇冬眠から目覚めるまであと少し!
《あの頃の伊賀市~12年前~》桃青中学校 閉校式

【IGA NINJA WEEK2021】

2月22日の忍者の日に合わせて今、
伊賀上野の城下町を舞台に忍者に関するイベントを行うIGA NINJA WEEK2021が開かれています。

このイベントは伊賀市や伊賀上野観光協会などで構成する
観光地域づくり法人伊賀上野DMOが主催し伊賀市で初めて行われました。

伊賀上野NINJAフェスタおなじみの伊賀忍者道場を始め、
デジタル技術を活用した街歩きなど感染症対策を取りながら行われています。

成瀬平馬家屋敷跡では、レーザー手裏剣を使った「e-NINJAバトル」が楽しめます。

ハイトピア伊賀多目的広場と伊賀上野城では、
VRとARの技術を利用した体験型のイベント「XR-DOOR」が開かれています

これは伊賀市とKDDIが連携して作ったもので、
スマートフォンの画面に映し出される襖を通り抜けると忍者ゆかりの風景が広がり、
異空間を体験する事が出来ます。

そのほか、現在の城下町と古地図を交互に見ながら街を歩くことができるアプリが開発されました。
このアプリは三重大学 国際忍者研究センターの高尾善希准教授が監修し作られました。

このアプリと連携して謎解きを楽しめるのが「伊賀の秘伝書をとりかえせ」です。
これは、オリジナルムービーをヒントに特定の場所に行くとスマートフォンが指令を受信し、
謎解きをしながら伊賀の文化や街並みを楽しむことができます。

街中では、ICTの無料アプリ「ICTコネクト」をダウンロードしフリーWi-Fiをご活用ください。
IGA NINJA WEEK2021は2月23日(火・祝)まで開かれています。

コメントは受け付けていません。