4月30日号のi-cityニュース

○密を避け開催 モクモク青空おさんぽウィーク
○小中学校で授業にタブレット導入
《ADS便》名張消防署 水難救助訓練
《特集》母の日 おすすめのプレゼント
《あの頃の伊賀市~23年前~》花垣小学校ギフチョウの卵 採取
◆GW中も感染症対策を

【小中学校で授業にタブレット導入】

市内の公立小中学校で
今年度からタブレット端末を使った授業が始まりました。
今回は、小学生が算数の授業に取り組む様子を取材しました。

4月27日、伊賀市立成和西小学校5年生の教室では
立体の体積を求める算数の授業が行われていました。

児童は、タブレットを使い教諭から送られた画像に印を記入しながら体積を求めていました。

この授業ではタブレットに導入さ れているロイロノート・スクールというソフトを活用しました。

情報や考えをまとめて発表したり皆で情報を共有し比較するなどしていました。

また、
公立の小中学校29校の児童生徒に一人一台と教職員や関連施設などへ合わせて
7000台のタブレットが整備され、授業のデジタル化が進められています。

 

コメントは受け付けていません。