6月4日号のi-cityニュース

○あやま保育所サツマイモの苗植え
○見ごろ迎えた西沢のノハナショウブ群落
○初夏を愉しむ山野草展
《ADS便》名張市×上野ガス株式会社災害協定 災害時に飲用水供給
《Go!Fight!Win!》選手紹介~江頭選手・米川選手~
●お知らせ けーぶるにっぽん彩・JAPAN17話放送日変更のお知らせ

【見ごろ迎えた西沢のノハナショウブ群落】

今、伊賀市西之澤のノハナショウブが見ごろを迎えています。
3日には、三重県立伊賀白鳳高校の生徒などが群落を訪れ花の手入れをしました。

「西沢のノハナショウブ群落」は1955年に三重県の天然記念物に指定され、
現在は、およそ2,500㎡の私有地におよそ2,000株が植えられています。

普段は、この土地を所有する居附さん一家が管理していますが、
2014年から伊賀白鳳高校の生徒が管理を手伝っています。

また今年から上野キャノンマテリアル株式会社の社員が
地域の自然保護活動の一環として手入れに参加しました。

年々、保全活動に共感する人の輪が広がり
今では、居附さんをはじめ、高校、行政、企業、地域が
地元にある天然記念物を大切に管理しています。

なお、西沢のノハナショウブは来週に満開を迎えそうで、
6月20日ごろまで楽しめるとのことです。

 

コメントは受け付けていません。