3月18日号のi-cityニュース

〇県立高校で合格発表
〇三重県議会議員選挙に伴う公開討論会
〇「雪解」のつどい
〇うぐいす笛づくり
〇木工教室~イスを作りましょう~
〇大阪交響楽団演奏会
〇忍者・忍術学講座~戦後忍者小説概説~
●お知らせ 地域と学校のニュース番組「なばテレ!」放送について

【「雪解」のつどい】

少年時代を伊賀で過ごした「新感覚派」の作家 横光利一を偲ぶ
「雪解」のつどいが17日に開かれました。

Still0318_00000

まず市内の高校に通う生徒が
それぞれオススメの本を紹介するビブリオバトルを行いました。

横光利一の作品の中から発表し「ナポレオンと田虫」や「蠅」などを紹介しました。

Still0318_00001

横光利一は大正末期から昭和にかけて
比喩表現を多用する「新感覚派」の作家として活躍した人物です。

ビブリオバトルでは発表者が印象に残ったセリフを紹介したり
好きな場面を朗読するなどして作品の魅力を伝えていました。

続いて埼玉学園大学准教授で横光利一文学会運営委員長の
掛野剛史さんによる講演が行われました。

Still0318_00002

この日参加者は横光利一の遺徳を偲んでいました。

 

3月17日(日)~3月23日(土)の番組Check!!

【放送日】3月17日(日)午後7時から3月23日(土)午後5時45分まで

Still0317_00000アイ♡Animals!

かわいらしい動物を見るとなんだか癒されますよね~。
番組では、ワンちゃんやネコちゃんなどの動物とその家族を紹介します!

 

 

10-いがッコ写真いがっ子 元気ッコ!

子どもたちの遊んでいる姿や踊っている姿など、お家とはまた違った表情をご覧ください。
今回はひかり保育園です。将来の夢をカメラに向かって言うコーナー「いがっ子のゆめ」もありますのでお見逃しなく!

 

13:博覧会歴史街道~わたしたちのまちの歴史と文化~
第276回『伊賀で行われた三つの博覧会』

伊賀上野において今まで三つの博覧会が行われました。明治7年に行われた伊賀上野博覧会。昭和10年に開かれた伊賀文化産業城落成記念博覧会。そして昭和27年のこども博覧会です。
時代の屈折点に開催されたそれぞれの博覧会の内容と特色を紹介し、時代の雰囲気を読み取ります。

 

 

■毎時0分から「i-cityニュース」(20分)
■ニュースの後は「アイ♡Animals!」(10分)
※毎週木曜日 午後7時20分からは「ナナちゃんの情報トレイン」(10分)
■毎時30分から 「いがっ子 元気ッコ!」(15分)
■毎時45分から「歴史街道~わたしたちのまちの歴史と文化~」(15分)と繰り返し放送。

※途中別番組が入る時間帯がありますので、詳しくはチャンネルガイドなどでご確認ください。

3月17日号のi-cityニュース

〇平成31年度伊賀市地域活動支援事業公開審査会
〇「大山田の明日を考える会」企画講演会
〇親子で学ぼう!『防災デイキャンプ』
〇伊賀地域中高生吹奏楽コンサート
〇日本少年野球春季全国大会出場選手 市長表敬訪問
●お知らせ
上野YEG30周年記念事業~いがこん参加者募集~
お知らせ けーぶるにっぽんBeauty of Japan Season.2放送について

【親子で学ぼう!『防災デイキャンプ』】

伊賀市西高倉にある岩倉峡公園キャンプ場で16日、
防災について学ぶデイキャンプが行われました。

初めに伊賀市消防本部中消防署の署員が
毛布や竹を使って担架を作る方法を紹介しました。

Still0317_00000

この『防災デイキャンプ』は家族で防災意識を高め
「もしも」の時に役立つ知識や技術を身に着けてもらうことを目的に
(公財)伊賀市文化都市協会が主催し開かれたものです。

Still0317_00002

続いて、緊急時の応急処置の方法が説明されました。
参加者は署員からアドバイスを受けながら包帯を巻いて止血する方法を学びました。

また、署員はこのような応急処置やAEDの使い方、心肺蘇生法などを学ぶ救命講習が
伊賀市消防本部で受講できることを紹介しました。

その後参加者は炒飯と麻婆豆腐、春雨スープを作りました。

これは災害時、電気やガス、水道が止まったことを想定し考えられたレシピで
限られた水とポリ袋を使ってつくります。

Still0317_00001

参加者は普段とは違う調理方法に少し戸惑った様子でしたが
できあがると、おいしそうに食べていました。

この日参加者らは実用的な体験を通して防災意識を高めた様子でした。

3月15日号のi-cityニュース

〇伊賀米生産者研修会
〇「いがぶら」エントリー研修会
★Go!Fight!Win! 伊賀FCくノ一キックオフパーティ
◆7ch番組情報
《ADS便》名張高校女子柔道部 全国大会出場
*今月の花~3月~

【「いがぶら」エントリー研修会】

今年で6年目を迎える「伊賀ぶらり体験博覧会 いがぶら2019」。
現在、プログラムを提供する団体や個人を募集しています。

14日には概要などを説明する研修会が行われました。Still0315_00000

いがぶらは、地域全体で観光客を受け入れる体制をつくろうと
市内の事業者などと協力し体験型の観光プログラムを実施しています。

お店を開いていなくても個人での参加ができるとあって
年々プログラムを提供する人が増えており去年は127のプログラムが実施されました。

今年も14日からエントリーの募集が始まり
この日は昼と夜の2回にわたって事業者を対象にいがぶらの説明が行われました。Still0315_00001

募集メニューのテーマは6つあり
それぞれのテーマに沿ったプログラムを企画し期間限定でイベントを開催します。

また、今年は「育ちの中に伊賀の魅力を!」をテーマに
キッズ版のいがぶらを開催する予定です。

キッズ版いがぶらは7月20日から、
毎年恒例の秋のいがぶらは9月21日から、
そして雛祭りに合わせたひなぶらは来年2月1日から実施される予定です。

Still0315_00002

いがぶらでプログラムを企画したいという人は
(株)まちづくり伊賀上野内にあるいがぶら実行委員会事務局
電話51-5504までお問い合わせください。

3月14日号のi-cityニュース

〇木の館豊寿庵 しだれ梅祭り
〇第63回新入学を祝うよい子のつどい
〇市展「いが」受賞作品発表
◆特集 ラウンドアバウト試行運用開始から10日 市民の反応は?
《ADS便》東大寺二月堂に向け松明調達
●お知らせ
三重県議会議員選挙にともなう公開討論会
けーぶるにっぽんBeauty of Japan Season.2放送について

【第63回新入学を祝うよい子のつどい】

伊賀市西明寺にある伊賀市文化会館で12日、
新入学を祝うよい子のつどいが行われました。

Still0314_00000

この催しは来年度小学1年生になる子どもたちの成長を祝おうと
中日新聞社の主催、市と教育委員会の協賛で行われました。

挨拶の後、「ことばであそぼう」と題して歌遊びや朗読などが披露されました。

中日新聞社では地域貢献の一環で63年前からこの催しを行っています。
毎年、親子が触れ合えるプログラムが用意されていて多くの人が訪れています。

今年は、中部地方を中心におよそ30カ所で
1月から3月にかけてよい子のつどいが開かれました。

Still0314_00001

伊賀市教育委員会事務局によると3月12日現在、
市内では 678人が来年度の新一年生となる予定で、
「学力・人権・キャリア教育」の3つを重点に指導し健やかな成長を見守りたいとしています。

なお、伊賀市内の公立小学校の入学式は4月8日に行われます。

3月13日号のi-cityニュース

○伊賀市議会定例会予算常任委員会3日目
○赤い羽根募金百貨店プロジェクト覚書調印式
○玉滝小 物作り販売体験学習
○柘植小 さよならお笑い公演
◆Go!Fight!Win! まもなくリーグ開幕
●お知らせ
三重県議会議員選挙に伴う公開討論会
中・高年のための健康増進体操教室参加者募集について
【赤い羽根募金百貨店プロジェクト覚書調印式】

社会福祉法人 三重県共同募金会と企業などが協力し
募金活動を進める「赤い羽根募金百貨店プロジェクト」。

11日には島ヶ原温泉やぶっちゃで調印式が行われ、施設を運営する
一般財団法人 しまがはら郷づくり公社が協力企業に加わりました。Still0313_00000

社会福祉法人 三重県共同募金会が行っている
「赤い羽根募金百貨店プロジェクト」は去年4月から行われていて
現在、県内にある54の企業が参加しています。

Still0313_00001
しまがはら郷づくり公社が制作したこちらのエコバッグは
1つ700円で販売され、そのうち20円が寄付金となります。

集めた寄付金は伊賀市社会福祉協議会が行う
就労支援活動などに使われるということです。

3月12日号のi-cityニュース

〇伊賀市議会定例会予算常任委員会2日目
〇親子写真教室
〇あやま芸能まつり
〇伊賀名張市民講座~誰もが安心して利用できる介護に~
○《特集》3月14日はホワイトデー☆
●お知らせ けーぶるにっぽんBeauty of Japan Season.2放送について

【あやま芸能まつり】

阿山地域のサークルが集まり日頃の成果を発表する
「あやま芸能まつり」が10日に行われました。

会場の入り口には芸術サークルの
絵画や写真、生け花など様々な作品が展示されました。

この「あやま芸能まつり」は阿山地域で活動する
グループやサークルが集まり日頃の成果を発表し合う恒例行事です。

Still0312_00001

この日は阿山地域で活動する様々な団体がステージに立ち、
子どもから大人まで多くの人が練習の成果を発揮していました。

Still0312_00002

3月11日号のi-cityニュース

○伊賀市議会定例会 予算常任委員会1日目
○伊賀流手裏剣打選手権大会 本選
○春日神社氏子青年会 60周年記念式典
○橋本策医学博士 86回忌法要
○FC VINKS 卒団記念サッカー大会
○伊賀市国際交流協会事業 ~ベトナムの食と文化を知ろう~

【伊賀流手裏剣打選手権大会 本選】
伊賀流忍者博物館で10日、手裏剣打ちの腕を競う
第10回 伊賀流手裏剣打選手権大会の本選が行われました。
Still0311_00000

この大会は、忍者をイメージする手裏剣打ちをスポーツとして楽しんでもらい、
忍者の発祥地である伊賀への関心を高めようと行われたものです。

第10回 伊賀流手裏剣打選手権大会は、去年の5月から12月にかけて
伊賀市をはじめ東京都や大阪府、特別予選のタイなど8つの会場で予選が行われ
総勢326人が参加。

上位41人が本選に進出し、伊賀市からは3人が出場しました。

大会では手裏剣を投てきする前に、九字護身法と呼ばれる精神統一を行います。Still0311_00003

そして、男性は6メートル、女性は5メートル離れた場所から直径およそ30センチの的に向かって手裏剣を5枚投てきします。

Still0311_00001

大会チャンピオンには賞品として、純金でできた手裏剣が渡されるとあって
参加者は優勝めざして真剣に競技に挑みました。

この日参加者は、日ごろの練習の成果を発揮し、
手裏剣打ちを楽しんでいました。

なお、大会は、伊賀上野観光協会の50周年を記念して
平成21年から毎年行われていましたが、今回の大会で一旦終了します。

3月10日号のi-cityニュース

〇岡波看護専門学校卒業証書授与式
〇伊賀白鳳生の作品を展示販売
〇AKAIKE ART GALLERY2019 日本画 ヤマモト實‐こころの眺め‐
★Go!Fight!Win! フレンドリーマッチ
◎月ヶ瀬の梅見ごろ
【岡波看護専門学校卒業証書授与式】

3月8日伊賀市上野桑町の岡波看護専門学校の卒業式が行われました。Still0310_00000 Still0310_00001

今年卒業の26回生は男子2人、女子17人の合わせて19人です。

看護師国家試験の合格発表は今月22日で、
卒業生全員が岡波総合病院をはじめ、
県内外の医療機関に就職が内定しているということです。

3月8日号のi-cityニュース

○伊賀市議会定例会 一般質問4日目
○伊賀市定例記者会見
○成和西小学校3年生がホタルの幼虫放流
○外国人おもてなし研修講座
○7ch番組情報
《ADS便》伊賀エンゲキ塾本番に向け記者発表
●上野商工会議所からのお知らせ

【成和西小学校3年生がホタルの幼虫放流】

伊賀市立成和西小学校の3年生が8日、ゲンジボタルの幼虫を川に放流しました。

Still0308_00000

3年生は6月頃にホタルの成虫を集め、産まれた卵を孵化させて、
エサやりなどの世話をしてきました。

この日は育てた幼虫を自然に返すため、
成虫を採ってきた場所に放流することになりました。

ゲンジボタルは5月ごろサナギに、そして、6月から7月ごろ成虫になります。

Still0308_00001

児童の1人は
「みんなと放流して楽しかったです。元気に成長してほしいです」と話していました。