i-cityニュース放送予定の一覧

3月28日号のi-cityニュース

○さるびのやまびこコンテスト
○春だっ! 和っしょい!! 和太鼓コンサート
○上野児童合唱団「山の子ども」 第42回定期発表会
○ブルース伊賀の乱
○上野スケッチ教室作品展
●お知らせ
・上野商工会議所からのお知らせ

【春だっ! 和っしょい!! 和太鼓コンサート】

伊賀市阿保にある青山ホールで26日、
青山太鼓保存会が主催する和太鼓のコンサートが行われました。

このコンサートは、あやま和太鼓教室や青山太鼓保存会の
成果発表の場として毎年この時期に開かれています。

まず、ステージを盛り上げたのは
あおやま和太鼓教室に所属する「ちびっ鼓太鼓」「和太鼓を楽しむ会」
「和太鼓を学ぶ会」の3つのグループです。

Still0328_00003 Still0328_00004 Still0328_00005

どのグループも1年間の成果を懸命に発揮していました。

そして、和太鼓の演奏体験が行われた後
青山太鼓保存会が登場して迫力のある曲や楽しげな曲など
6曲を披露しました。

Still0328_00006 Still0328_00008

 

3月27日号のi‐cityニュース

○伊賀市議会議員選挙
・開票結果
・当選証書付与式
・18歳が投票立会人を務める
○古伊賀研究会が穴窯焼成
○「日本語で外国人住民のサポートをしませんか」講座
◆なでしこリーグ2017 くノ一vs新潟L 試合結果
◆千代の国関 取組結果
【「日本語で外国人住民のサポートをしませんか」講座】
上野ふれあいプラザで3月25日、
初心者にもわかりやすい多文化理解のための講座が開かれました。

Still0327_00008

この日は、「伊賀日本語の会テクニカルアドバイザー」の船見和秀さんを講師に迎え
『「日本語で外国人住民のサポートをしませんか」講座』が開かれました。

この講座は日本語で外国人住民と交流をしたり、サポートをしてみたい人、
外国につながりを持つ児童・生徒へのやさしい日本語による学習支援活動に興味のある人、
また日本語ボランティアを始めたい人を対象に行われたものです。

船見さんは、日本語で交流するときに気を付けたいことについて
やさしい日本語を使うことであると訴えました。

Still0327_00010

「はっきりと、最後まで、短く話す」ことがコツで、
漢字の熟語や外来語、尊敬語や謙譲語は、なるべく使わない。

たとえば「夕食」は「晩御飯」、「開始」は「始まり」など
普段使っている言葉を外国人にもわかるように簡単にして伝えることが大切だと話すと
みんなうなずいて聞いていました。

この日受講した30人は、日本語で外国人をサポートするときのコツを学んでいました。

3月26日号のi-cityニュース

○伊賀市議会議員選挙 当選者決まる
○半蔵まつり
○伊賀市商工会青年部が園児に文房具を贈呈
○伊賀学検定上級合格者表彰式
○まるばしら保育所 閉所式

【半蔵まつり】

25日、近鉄と伊賀鉄道が企画したイベント「酒蔵みてある記」に併せ、
伊賀市上之庄の株式会社大田酒造で「半蔵まつり」が行われました。

Still0325_00002

大田酒造は数年前から酒蔵めぐりのイベントに参加。

そのことがきっかけとなりより地元の人たちをもてなそうと
平成22年から酒蔵めぐりのイベントと合わせ「半蔵まつり」を始めました。

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2012」で
最高金賞を受賞した「大吟醸 半蔵 雫酒」と
伊勢志摩サミットでG7各国の首脳らに乾杯酒として振るまわれた
「純米大吟醸 半蔵」を飲むことができるコーナーは
長蛇の列ができるほど人気を呼んでいました。

Still0325_00000 Still0325_00001

また、ハイキングの参加者もぞくぞくとゴール地点である大田酒造に到着し
試飲コーナーでお気に入りの酒を味わうなどしていました。

この日は多くの人が訪れ伊賀の酒を堪能しながら楽しい時間を過ごしていました。

3月24日号のi-cityニュース

○成和西小学校 修了式
○第24回紫友会作品展
◆7ch番組情報
◎伊賀市議会議員選挙立候補者紹介
《ADS便》名張市美術作家協会 第27回「春季展」
《速報》千代の国関 取組結果

 

【成和西小学校 修了式】

市内の公立小中学校では24日に修了式が行われました。

伊賀市立成和西小学校では修了式を前に集会が行われ
各学年の代表が3学期の振り返りや進級後の目標を発表しました。

Still0324_00001

児童はテストや運動を頑張った事、学校生活で楽しかった事を話しました。

その後修了式が行われ、初めに元気よく校歌をうたいました。

6年生が卒業して児童数が76人となった成和西小学校。

「子どもたちが自信と誇りを持って学び、
子どもたちの可能性を引き出す学校づくり」を今年度の目標に掲げ生活してきました。

統合して2年目となったこの年は日々の活動を通して自信と充実を感じるとともに
仲間とのつながりがも深まりました。

Still0324_00002

この日児童は、4月からの新学期に向けて気持ちを新たにしている様子でした。

3月23日号のi-cityニュース

〇古山保育園 卒園式
〇小学校の新1年生に防犯グッズを贈呈
〇蓑虫庵講座「歩行ならば」連句を考える
〇ダンジリを活かした地域活性化に関する講演会・懇談会
《ADS便》桔梗が丘自治連合協議会 ききょう 健康講座
〇今月の花~3月~
●お知らせ 伊賀市議会議員選挙 開票速報生中継について
《速報》千代の国関の取組結果
【蓑虫庵講座「歩行ならば」連句を考える】

蓑虫庵や服部土芳について学ぶ「蓑虫庵講座」が、20日に行われました。

公益財団法人 芭蕉翁顕彰会が主催するこの「蓑虫庵講座」。

服部土芳の功績や松尾芭蕉との関係などを
より多くの人に知ってもらおうと毎年行われています。
今回のテーマは【「歩行(かち)ならば」連句を考える】

土芳の自筆本、「横日記」に記されている連句「歩行ならば」の巻について
芭蕉翁顕彰会学芸員の馬岡 裕子さんが講座を行いました。

まず、「歩行ならば」の巻で松尾芭蕉が詠んだ発句、
「歩行ならば 杖突坂も 落馬かな」を紹介。

連句の第1句である発句には、季語を用いらなければいけませんが、
これは、季語のない発句として有名だということが説明されました。

つづいて、土芳が詠んだ第2番目の句である脇句、
「角のとがらぬ 牛もあるもの」を紹介しました。

馬岡さんは土芳が詠んだ脇句について、
「【角のとがっていない牝牛もいる。 つまり、大人しい牛にのって行けば
落ちるような失敗もしなかったのに】という意味が込められている」と説明。

発句と脇句で和歌のように詠まれていることから
芭蕉も褒めていたということが紹介されました。

Still0323_00000

この日はおよそ20人が聴講に訪れ
馬岡さんの話を熱心に聞き、土芳や連句について学んでいる様子でした。

3月22日(水)のi-cityニュース

○小学生バレーボール 平成28年度六送交流大会
○第15回上野東SUPER CUP U-12
○地域活動支援事業公開審査会
○三重大学・皇學館大学 合同シンポジウム
○忍者・忍術学講座~忍者の近現代~
《お知らせ》伊賀市議会議員選挙開票速報生中継について
《速報》千代の国関 取組結果

【小学生バレーボール 平成28年度六送交流大会】

伊賀市ゆめが丘にある三重県立ゆめドームうえので20日、
小学生バレーボールの六送交流大会が行われました。

この大会は6年生の卒業を祝うと共に、
勝敗にこだわらず今まで試合してきた仲間やライバルと交流して
小学校最後の思い出を作ってもらおうと行われました。

試合には
・阿山JVC
・神戸ラビットスポーツ少年団
・西小長田チアフルバレーボールスポーツ少年団
・新居エルフバレーボールスポーツ少年団
・大山田つみえVBスポーツ少年団
・猪田フレンズスポーツ少年団
・依那古レッドファイターズ
・友生リトルスターズ
・東小ドリームの9チーム、およそ100人が出場しました。

Still0322_00001

今回は6人制の小学生特別ルールを適用し、試合が進められました。

1セットマッチの21点先取で試合が行われ、
時間を短縮し対戦する事で全チームと交流が図れるほか、
メンバーチェンジが何回でも可能で、
より多くの選手がプレー出来るなどの工夫がありました。

この大会には3月18日をもって小学校を卒業した31人の選手が出場しました。

去年の12月に行われた大会が6年生にとっては最後の公式戦でした。

それからは5年生が中心の新チームとなり、
6年生は補佐役としてチームを支えてきました。

今回は6年生が中心となり久しぶりに戦い、交流戦を楽しみました。

Still0322_00000

大会に出場した6年生の選手の一人は
「楽しくプレーできた。
後輩にしっかり引き継ぎが出来たので安心して卒団できます」と話していました。

この日6年生は、今まで共に戦ってきたチームメイトや指導者に感謝しながら
バレーボールを通して楽しい思い出を作っている様子でした。

3月21日号のi-cityニュース

○高尾の古民家で昔遊びや餅つき体験
○IFCふたば杯サッカー大会
○伊賀白鳳高校吹奏楽部第6回定期演奏会
○まもなくリーグ開幕!~伊賀FCくノ一激励会~
○生活工芸展
●お知らせ
・伊賀市議会議員選挙開票速報生中継について
《速報》千代の国関取組結果

 

【IFCふたば杯サッカー大会】

19日、IFCふたばサッカースポーツ少年団が招待試合を行いました。

Still0321_00002

今回で21回目となったIFCふたば杯サッカー大会。

この大会はNPO法人伊賀フューチャーズクラブが主催し
毎年行われているもので参加チーム同士の交流を目的としています。

大会には、IFCふたばサッカースポーツ少年団の他
伊賀市から上野東サッカースポーツ少年団、
そして和歌山県や岐阜県などの県外から6チーム、
合わせて8チームが出場しました。

試合は15分ハーフでA、B2つの予選リーグを行い、
その後順位決定戦が行われました。

ピンク色のユニフォームを着るふたばは
現在、小学1年生から6年生58人が所属。
低学年と高学年に分かれ上野西小学校でそれぞれ週に4回の練習を行っています。

Still0321_00001

この日選手たちは保護者やチームメイトなどの声援をうけ、懸命にゴールを狙っていました。

3月20日号のi-cityニュース

○卒業式~阿山小学校~
○卒業式~神戸小学校~
○卒業式~西柘植小学校~
《お知らせ》伊賀市議会銀選挙開票速報生中継について
《速報》千代の国関取組結果

【市内の小学校で卒業式】
3月18日、市内の小学校で卒業式が行われました。

阿山小学校、神戸小学校、西柘植小学校の卒業式の様子を取材しました。

阿山小学校では今年50人の児童が卒業しました。

Still0320_00000

神戸小学校では18人の児童が卒業しました。

Still0320_00001

西柘植小学校では15人が卒業しました。

Still0320_00002

それぞれの小学校の卒業式の様子をご覧ください。

卒業されたみなさん、ご家族の皆さん、本当におめでとうございます!!

3月19日号のi-cityニュース

○伊賀市議会議員選挙 告示
○「雪解」のつどい
○城下町魅力体験ツアー
○ファーマーズ ワークショップ伊賀
〈速報〉千代の国関 取組結果

【ファーマーズ ワークショップ伊賀】

伊賀市予野にある伊賀市農業公園農村ふれあいセンターで、18日、
「ファーマーズ ワークショップ伊賀」が開かれました。

「つくる・まなぶ・たべる」をテーマに行われた
農業と食を体験するイベント「ファーマーズ ワークショップ伊賀」。

この日は、参加者らが伊賀米を使っていなり寿司を作りました。

Still0319_00001

このイベントは、農業や食の体験を通して農業の良さを知ってもらい
伊賀の食べ物をPRしようと伊賀市と伊賀有機農業推進協議会が中心となり
開かれているもので今年で4年目になります。

少しでも多くの人に農業に興味をもってもらおうと
これまで年2回のペースで開き甘酒作りや味噌作り体験などが行われてきました。

テーブルには、菜の花や錦糸玉子などが用意され
子どもたちもデコレーションを楽しみながらいなり寿司を作り、食べていました。

Still0319_00002

また、この日は、伊賀有機農業推進協議会 副会長の伊藤英次さんが講師となり
干し芋つくり体験が行われました。

同じサツマイモでも味や食感の違いを感じてもらおうとシルクスイートと安納芋の
2種類が用意されました。

Still0319_00003

この日、参加した25人は伊賀の米や野菜に触れ農業への関心を高めながら
楽しい時間を過ごしていました。

3月17日号のi-cityニュース

○白鳳幼稚園 卒園式
○伊賀流ぶっちゃけ談義
○彩々教室
○三重大学と桜丘中高が連携授業
◆7ch番組情報
《ADS便》今年も大盛況 名張市民センターまつり
《速報》千代の国関 取組結果

 

【白鳳幼稚園 卒園式】

伊賀市上野伊予町の白鳳幼稚園で16日、卒園式が行われました。

Still0317_00000

32人が卒園する白鳳幼稚園。

白鳳幼稚園の園歌を歌った後、
坂下充信園長が卒園児一人ひとりに修了証書を手渡しました。

白鳳幼稚園は大正7年に寺院の住職が発起人となり
「上野保育院」としてつくられ、来年度、創立100周年を迎えます。

仏教の教えにもとづき、明るく、和やかな心をもち
のびのびと活動する子どもを育てることを目標に教育を行っています。

Still0317_00001

卒園児は、春の「花祭り」夏の「お泊り保育」
秋の「運動会」冬の「生活発表会」など様々な思い出を作ってきました。

幼稚園での生活を通して素敵な思い出を作った卒園児32人は、
4月になったら新一年生として新たな一歩を踏み出します。